リハビリが目的

当施設では鍼灸治療、整体、運動療法、自然療法によってケガ・障害に対応しています。

 症状は訴えです。痛い場所だけ治療しても良くならないことがあるのは経験されてる方も多いでしょう。
 原因を探し出して対処する必要があります。

 フィシオエナジェティックという検査を中心として、根本的な原因を見つけ出します。
  


〇良くある問題

「膝が痛く、運動療法として膝の筋力トレーニングをしているけど良くなりません」

膝の周りの筋肉をつけるためにレッグエクステンションという膝を伸展させるトレーニングがありますが、やり方によって関節に過度のストレスがかかることがあります。
うまく、力の発揮できるポジションが作れてなかったり、また問題が別の場所にあり、その筋肉を鍛えなければならないかもしれません。

必要な栄養素が不足しているのが原因である場合も多々あります。
それは筋肉や腱、靭帯であったり、ホルモン分泌や神経伝達物質に影響を与えていることもあります。
ホルモンの分泌異常が改善されて状態が一気に良くなるケースはかなり多いです。

こういった根本的な原因を探し出さないとなりません。

 
<当施設で運動療法、施術 (鍼灸・整体・ホリスティックセラピー) をしている主な疾患>

変形性股関節症(先天性臼蓋形成不全・大腿骨頭壊死) 脳血管障害(脳梗塞・脳卒中・脳動静脈奇形症・脳挫傷)
変形性膝関節症 膝関節障害(靭帯損傷・半月板損傷・軟骨損傷・膝蓋靭帯炎・離断性骨軟骨炎)
腰痛(筋膜性・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・分離症) 肩関節障害(五十肩・腱板損傷・反復性亜脱臼)
頚椎損傷 脊椎損傷 肉離れ 足関節捻挫 アキレス腱炎 疲労骨折 足底筋膜炎 腱鞘炎 野球肘 テニス肘リウマチ 坐骨神経痛 胸郭出口症候群 不定愁訴 慢性疲労症候群 糖尿病 高血圧症 高脂血症 
自律神経失調症 アレルギー 腸機能障害(過敏性腸症候群など) 慢性鼻炎 副鼻腔炎 神経性胃炎 慢性胃炎不眠症 帯状疱疹 ヘルペス 便秘 慢性気管支炎 喘息 甲状腺機能障害 虚弱体質 鬱病


<当施設が取り入れている運動療法(リハビリトレーニング)と施術法など>

・運動療法(リハビリトレーニング)
  胸郭主導型トレーニング 加圧トレーニング しなり体操

・施術法
  鍼灸治療 整体 フィシオエナジェティック 自然療法 呼吸法 ライズトロン
  内臓アプローチ 関節アプローチ

・コーチング
  自分が見えていなかったものに気づきます。
  自分の価値基準を確認します。
  古い思考を取り去り新しい思考と入れ替えます

 

ケガ・障害への施術と運動療法の症例はこちら