施術内容詳細

<鍼灸治療・施術内容詳細>


当院での特殊な鍼灸治療・施術法を紹介します。

  
<主な適応症状>
   
  頭痛 不眠 眼精疲労 慢性疲労    
  内臓症状(胃の不具合 消化不良 便秘 下痢 痔など)
  不定愁訴
  認知症予防 慢性疾患 自律神経の乱れ など
      

整体術
  
  腰痛、肩こり、巻き肩、関節痛、神経痛など筋肉系の問題がある場合に手技をおこないます。
  強く押さずに筋肉を動かし血流の通りを良くすることで筋肉を緩ませます。
  また重力に抵抗することで筋肉の緊張が強くなりますので、抵抗しない位置に修正します。


内臓アプローチ
  
  直接法・間接法を用いてアプローチしていきます。
  ある臓器が他の臓器によって圧迫されたりすることで機能低下していることがあります。
  その場合に後方や下方に転移している臓器を矯正することによって機能改善を図ります。
  特に腸が機能低下することで筋肉を圧迫し下肢への血流障害が起こったり、
  横隔膜が引っ張られ呼吸が浅くなったり、慢性的な疲れや不調に関与していることが多々あります。
  下腹部がぽっこりしている人は腸が機能低下して下がってしまっていることが考えられます。

  内臓系の不調は自律神経の乱れ(自律神経失調)によるものが多く、
  自律神経の調整を同時におこなうことも必要となります。

  症状によって鍼治療と組み合わせることで更に効果が上がるケースもあります。
  またフィシオエナジェティックのARテストによって内臓に有害物質が蓄積している反応があった場合、
  適した解毒物質を探し出します。

フィシオエナジェティック

 ヨーロッパ発の30年の歴史を持つ「代替医療」 『フィシオエナジェティック』の施術では、
 ひとりの人を全人的に様々なレベルからみてゆきます。
 フィシオエナジェティックは、病気を直す技術ではありません。
 「不要なものを排除して、自然治癒力が大いに発揮できるような身体にすることを
 目的としている検査法と治療法」になるでしょう。
 何かを足すより不要なものや有害なものをどんどん無くしてゆくことが
 免疫力を上げ自然治癒力を呼び覚ますためにとても重要です。

 (PAJのHPより抜粋 詳しくはこちら